社会福祉法人土佐香美福祉会職員募集採用情報

理事長就任のご挨拶

日頃より土佐香美福祉会の運営にあたりましては、各拠点地域施設ウエルプラザのご利用者様、ご家族様をはじめ、近隣住民の皆様方、そして各行政ご担当部署の方々から、温かいご支援ご協力、また適切なご助言ご指導等を賜りまして、心から感謝申し上げます。

本年6月13日開催の定時評議員会及びその後に開催されました理事会において、新理事長として推挙され、理事長に就任することとなりました。

平成10年6月に社会福祉法人土佐香美福祉会設立とともに、グループ法人である医療法人土佐楠目会から移籍し、平成11年4月のウエルプラザやまだ荘開設時に施設長・管理者として10年間勤務後、法人本部の常務理事、副理事長をさせていただいていましたので、おおよそ20年間高齢者福祉の事業を中心に携わってまいりました。

還暦を少し過ぎました現在は、福祉事業経営の窮屈な財務状況や現場職員のご苦労も理解でき、現状打破に対しては多少の無理も承知で、また貫徹度胸もできたと自負したところでありましたが、昨年28年度から本年29年度にかけての、社会福祉法一部改正という大鉈(おおなた)による社会福祉法人改革が推し進められている最中の新体制評議員会及び新理事会での初議決が、この度の理事長選任議案でありました。改めて理事長という重責を感じ、ギューッと身の引き締まる思いです。

法人としましては、より一層に透明度の高い法人運営に徹するとともに、法人本部の機能を拡充し、法令等遵守(コンプライアンス)の徹底と組織統治(ガバナンス)及び健全な財務規律の確立、職員処遇改善・定着等を図ってまいります。

また、この社会福祉法一部改正において、地域における公益的な取り組みを実施する責務があると規定されました。土佐香美福祉会は、既に様々な取り組みを行っているところですが、各事拠点業地域の市町村社会福祉協議会と高齢・障害・児童・保育等の事業種別を超えた社会福祉法人の複数連携による「我が事・丸ごと」的取り組みを実践してまいります。

今後も社会福祉法人としてのミッションを忘れることなく、地域にとってなくてはならない存在となることができるように、職務に精励する所存です。

前任者同様、今後とも更なる格別のご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

理事長 楠 目  隆

平成29年6月13日

社会福祉法人
土佐香美福祉会

理事長 楠 目  隆