社会福祉法人土佐香美福祉会職員募集採用情報

 

お知らせ・最新情報

介護職員等の処遇改善の取り組みについて

当法人では、介護職員等に対する処遇改善の取り組みとして、

●介護職員処遇改善加算(Ⅰ)
●介護職員特定処遇改善加算(Ⅰ)(一部の事業所は(Ⅱ))

を算定しています。また賃金以外の処遇改善方法としては、以下の事に取り組んでいます。詳しくはこちらをご覧ください。

2021年度 土佐香美福祉会事業展望

令和3年4月1日午前9時より「令和3年度(2021年)土佐香美福祉会辞令交付式」が、高知市一宮しなねの特別養護老人ホームウエルプラザ高知・ウエルプラザホールにて挙行されました。
辞令交付式に臨む新卒9名とその配属先施設の管理者及び担当上司となる管理職23名が参集し、できる限りの感染対策の中、コロナ禍でやむなく縮小開催となった昨年度とは異なる一昨年に近い式典内容で、各人への辞令交付及び役員訓示、その後に新採研修が行われました。全産業、全国民すべからく、コロナ禍対応に引き続き神経を尖らせる日々であるからこそ、社会福祉法人は地域社会と連携・協働そして貢献を積極的にしていかなければならない。その行動を可能にさせるのは地域社会からの『信頼』であると強調しました。
【土佐香美福祉会の理念】第1条にある「地域から信頼と安心そして理解をよせられる法人となります」をより一層浸透させてまいります。

令和3年(2021)年度の法人の重点目標として、持続可能な開発目標(SDGs)を推進することを掲げます。

土佐香美福祉会SDGsの取組

国連が掲げる「誰一人取り残さない」というSDGsの理念は地域共生社会の構築を主導する社会福祉法人のあり方に共通する考え方です。土佐香美福祉会は、人口減少など変化する社会のなかにあっても地域の福祉サービスを持続させていくため、重点目標を定め、取り組みを進めます。

 

2020年度土佐香美福祉会重点目標

以上4項目10課題(SDGsにおける8ゴール)の実践を掲げています。具体的には、法人(経営)本部及び会議のあり方において、経営戦略情報共有機能の強化を図る目的で包括任命した法人役員・拠点管理者等による「合同運営会議」(協議体)、施設長・副施設長・施設管理者等による「施設長会議」(審議体)及び次世代職員による「みらい会議」(討議体)を月例会として開催し、重点目標の達成に向け実行・実践していきます。

本年年度も高知市・香美市・芸西村における17事業部門と本部の計18部門の各設定数値と法人重点目標へのチャレンジは、法人中期計画(2021年~2023年)の初年度課題として着手とその取組みの継続が求められている4項目10課題であると役職員共通認識で臨んでまいります。

理事長 楠 目  隆

2021年4月1日

社会福祉法人
土佐香美福祉会

理事長 楠 目  隆